私達は以下の院是、モットー、理念に基づき当院を運営しております。
また、職員倫理綱領、患者様の権利と人権擁護についても明確にし、よりよい医療サービスを提供できるよう努力しております。

・仁愛と奉仕
・寛容と忍耐
・責任と義務
・協力と調和

・確実
・迅速
・笑顔

・心身を病む人たちの人格や人権を尊重し、質の高い医療を提供し、地域社会の保健医療福祉に貢献する。

・職員個々の人間性を豊かにし、知識技術の向上に努力する



1.職員は、医療安全の確保を最優先し、良質な医療を提供します。

2.職員は、常に向上心を持って医療の質を高め、患者様中心の医療を目指します。

3.職員は、患者様の人権を擁護します。

4.職員は、患者様のプライバシーを尊重し、職務上の守秘義務を遵守します。

5.職員は、地域社会への医療活動と精神保健福祉活動を推進します。

6.職員は、医療を通じて社会の発展に尽くすとともに、法規範を遵守します。



1.誰でも、どのような病気にかかった場合でも良質な医療を公平に受ける権利があります。

2.一人の人間として、その人格、価値観などを尊重され、医療提供者との相互の協力関係のもとで医療を受ける権利があります。

3.病気、検査、治療、見通しなどについて理解しやすい言葉と方法で、納得できるまで十分な説明と情報を受ける権利があります。

4.自分の診療情報を求める権利があります。

5.治療の過程で得られた個人情報の秘密が守られ、病院内での私的な生活を可能な限り他人にさらされず、乱されない権利があります。

6.良質な医療を実現させるためには、医師をはじめとする医療提供者に対し、患者様自身の健康に関する情報をできるだけ正確に提供する責務があります。

7.納得できる医療を受けるために、医療に関する説明を受けてもよく理解できなかったことについて、十分理解できるまで質問する責務があります。

8.すべての患者様が適切な医療を受けられるようにするため、患者様には、他の患者様の治療や病院職員による医療提供に支障を与えないよう配慮する責務があります。

ページトップへ